牧草基礎知識①~牧草の役割~

当院の商品をご紹介する前にまず、牧草について色々知っていただきたいと思います☆


牧草は主食、ペレットは副食です。基本的に牧草は食べ放題で与えて下さい。

牧草には、①胃腸機能を活発にさせる、②歯を削る という大きく2つの役割があります。

①胃腸機能について ・・・牧草の繊維の摂取量が少ないと、盲腸内のバクテリアが異常発酵し、ガスが発生します。 そして、胃腸の蠕動運動が低下し、食欲の低下に繋がります。

②歯について ・・・うさぎさんの歯は一生伸び続けます。だいたい1か月に1cmのペースです。 牧草を前歯で噛み切り、奥歯ですり潰すことにより、歯の長さを調節しています。 牧草の繊維の摂取量が少ないと、歯の不正咬合に繋がります。


以上のことから、牧草はうさぎさんの命を繋ぐもの、というくらい大事な食事です。

実際、食欲低下や歯の処置でご来院されるうさぎさんは牧草嫌いな子が多いです。

皆様のうさぎさんもたくさん牧草を摂取するようにしてくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000